舌痛症

山口県山口市大内の整体・マッサージ 新しい整体院の舌痛症の整体・マッサージの施術についてご説明いたします。

 頭痛は身体に起こる身近な痛みの症状です。

 しかし深刻な問題を含んでいる場合もありますので、頭痛外来ですとか脳ドックによる診断を受けてから当院での施術を勧めています。

舌痛症の種類

 深刻な問題を含んでいない頭痛の場合、問診が大切な改善へのヒントとなります。

 例えば「温めると楽になるか」「朝・夕・夜では痛みは変化するか」とかで緊張性頭痛と片頭痛の分別が出来ます。また頭痛が起こっている部位や頭痛以外にある痛みの箇所も必要となります。全身に散在している“コリ”の部位も把握する必要があります。

 頭痛の方はSRMを2~3回受けられると多くの方は症状が改善されるのですが、特殊例として20年来の頭痛で苦しまれた方が来院され、四国の香川県から週一回ペースで1年半通院されました。

 痛みが頭の表面と頭の奥と二重になっている頭痛で、脳神経外科・脳外科などでMRIやCT等を使って調べられても原因不明の為に来院されました。ご家族での東京見物という事で2日続けて来院され、少し良くなった程度で施術を終えました。

 このままで終了か?と思っていたところ、次の週の土曜日に予約が入り、定期的な通院が始まりました。

 頭の形がいびつであること。頭痛がする前に胃が下に落ちるような感じがする事。

 パソコンでの経理計算が多く、神経を使う細かな仕事。温めると表面の痛みは良くなるが奥の痛みは変化しない、などの基礎データから開始し、表面的な痛みは8ヶ月位で改善されたのですが、頭の奥の痛みは以前続いたままでした。
 試行錯誤しながら施術する間に効果を上げた方法が猫背矯正だったのです。

 少々難しい話となるのですが、猫背での座位姿勢は頭が肩の上に乗らなくなり、後頚部にある靱帯・筋肉を緊張させます。その結果、項靱帯・小後頭直筋・上頭斜筋などの後頭下筋群に負担が掛かり、椎骨動脈を圧迫する可能性を生じさせます。また下を向く姿勢でいると更に、胸鎖乳様突筋が緊張し、頚動脈に何らかの負担を与え、頭へ血液を送る二つの大切な動脈の血量を減少させていたのかもしれません。しかし残念ながら当院では痛みを解消出来た理由を医療機器による客観的な方法で説明出来ません。

 重症な方は医療機器による検査をしながらの施術が理想的で、検査を併用しながら通院される事をお勧めいたします。

上記の例として上げた改善記録を知って頂きたく、公表しました。しかし個人情報が含まれるために、個人を特定出来ないように仮名に致しました。今回はあくまでも治療経過を中心にした内容です。原因不明で苦しまれている方へのヒントとなって欲しいと思います。

市村 浩二さん。昭和36年生まれ。会社員 性別 男性

症状

20年前からの頭痛がある。表面の痛みと奥の痛みという二重構造の痛みを訴えられる。

過去の治療歴

脳外科、脳神経外科、さまざまな病院において検査をされたが、いっこうに原因がみつからず、いろいろな治療法を渡り歩いていられたという。そのために20年間という長い間を頭痛で苦しまれていた。

治療経過

8月9日

右顎押圧により、足が軽くなる。この検査方法によって最初進めていく。座位マッサージによって首、肩の調整なども図る。少しよくなったということで終了する。香川県からの来院された、ということだったので8月9日で終了予定かと思われたが、8月19日に再度予約をとられ、それから継続して治療にこられるようになる。

8月19日
右のどのリンパの腫れのような症状、そしてつねに風邪気味の状態にあることを確認する。この結果、蓄膿症もあるということなので、鼻の疾患による頭痛かと最初は疑ってみた。

8月25日
いろいろな治療法を試してみる。その一貫として按腹法を実施する。非常にリラックスできたという報告を受ける。右のどのリンパの腫れは依然続いていた。8月19日の治療で2、3日ほど良好であったことを確認する。

8月30日
右胸鎖乳突筋の腫れが見受けられる。19日の治療は効果があったが、25日の治療はその場はよくリラックスできたが頭の痛みにおいての治療効果はでなかったということを確認する。

9月13日
按腹法で、回盲部が非常に硬くなっているということを確認する。右喉の腫れは依然としてある。みぞおちあたりに張りと痛みがある。その張りがひどくなると頭の痛みも増すという報告を受ける。

9月24日
寝違えによって、首が痛くなる。胸鎖乳突筋マッサージ、斜角筋マッサージで首を整体する。また按腹法が効果を出すのか、緊張感がほぐれるそうである。

10月4日
のどにある硬結をマッサージする。さらに、舌骨筋マッサージ、按腹法などにより楽になる。つむじあたりが非常に凸凹していることを確認する。9月24日のマッサージが効果を出し、寝違えの痛みが取れていると報告を受ける。

10月18日
さらに体が軽くなる。のどのマッサージ後、顎を押圧することで楽になる。

10月20日
前回の治療でほぼ50%効果が出たということで、頭の痛みが半分に減ったという報告を受ける。鼻づまりためのリンパマッサージを施す。また按腹法も併用する。

11月5日
頭の縫合をていねいにマッサージし、僧帽筋の調整のため大後頭隆起を丁寧にほぐす。その結果、鼻づまりもとれ、頭の重さも軽減される。

11月12日
猫背の矯正にかかる。ひじょうに猫背で腕を後にまわす、牡牛のポーズができないことに気がつく。肩が楽になる。頭のマッサージと座位による首のマッサージでさらに頭が軽くなるという報告を受ける。

11月22日
座位の正しい姿勢、さらに後で肩をまわす姿勢を指導し、大胸筋をのばし、牡牛のポーズを楽にする方向性を高める。

11月29日
22日にわざわざ香川県から見えるということで、治療時間を希望により40分から50分に変える。そのためサービスとして12時に治療をスタート。どこかで休んでもらい、飛行機の帰る便に合わせ、17時から20分のおまけのサービスをするようになる。つまり12時の治療をしたあと、17時および18時のどちらかの時間を20分ほど治療サービスを開始する。そのため29日の治療は非常に効果を出したそうで、頭も楽になったそうである。

12月5日
全体的に良好。背中の凝りもほぐれ、頭も軽くなる。うつ伏せでのマッサージを十分施す。

12月6日
背中がだんだん緩み、伏臥位マッサージを中心にし、夕方の20分マッサージにおいて座った状態でほぐすということに心がける。

12月17日
牡牛のポーズで両方、右後手がとくに指先がふれるようになる。

12月20日
睡眠不足が生じているそうである。体は軽いが腕、肩が硬くなっていた。

12月27日
腰に凝り、内臓が下がったような感覚があるそうで、按腹法も丁寧に行う。

翌年1月10日
伏臥位マッサージをしているあいだに、イビキが聞こえるくらい睡眠がとれる。どうも体の緊張がつねに起こり、十分な睡眠が取れてないように思えた。

1月17日
前回のマッサージは一日で楽なものが戻ってしまった。腸が下がった感覚が依然として残り、按腹法と頭部マッサージを多めにする。

1月24日
19日に風邪をひき、胸鎖乳突筋と喉の張りが出てしまった。

2月7日
調子が凄く悪い。姿勢と手を後ろに回す体操方法を指導する。

2月18日
調子は良好。これから頭の痛みを%で表示することを実施。100%痛みから30%の痛みまでになった。70%ほど痛みが減少する。前に体重を乗せることを指導している。

2月21日
猫背がまたひどくなってきたので矯正整体につとめ、口を開ける体操をひんぱんに行い、首、肩の凝りをとるようにすすめる。

2月28日
仕事量が多く、首、肩の凝りが強くなり、頭頂部の刺激と牡牛のポーズの強化を図る。頭頂部、大泉門周囲の刺激、およびつむじの周囲を丁寧にマッサージする。

3月6日
前鋸筋マッサージを開始する。その結果、肩甲骨の可動域が広がったようで、雄牛のポーズが楽になり、その結果、呼吸が楽になる。仕事量が多く、凝りが各部位で見つかる。

3月11日
来院時は60%という状態で見える。仕事が忙しい。雄牛のポーズの可動域がどんどん減少してしまう。

3月12日
来院時においての痛みが前回の半分になっている。雄牛のポーズも両腕可能となった。その結果、頭の痛みはマッサージ後は10%ほど減少する。ただ、この時点において興味深いのは、5時に二度目のマッサージをしたときに、右後手が負荷になっていた。ふくらはぎマッサージを開始する。

3月15日
来院時30%。やはり猫背においての頭痛が考えられる。猫背によって首に負担がかかり、脳に血液を送る量が減るための頭痛ではないかと考える。

3月16日
院時10%。二日間続いた施術によるためか頭部マッサージを多くする。夕方の20分マッサージはふくらはぎと頭部マッサージ。

3月20日
来院時50~60%の痛みに戻ってしまった。胃が落ちる感覚が出る。報告としては胃が下に落ちるような感覚がすると頭痛がひどくなる。按腹法を施す。

3月27日
来院時80%と最悪である。猫背矯正を対象とし、背中を伸ばすことを指導する。胃腸が落ちる感覚がある。

4月10日
肩回しで手を後ろに回すのが楽になる。50%、60%という状態で12時からの治療を終える。夕方、腰や足が張っているのでマッサージをする。

4月17日
30%くらいということで来院される。最近の中でもっとも調子がよい。マクラを使って腕を伸ばすという新な試みを開始する。マクラを背中に当て、背中を伸ばしてもらい、猫背矯正をする。ただ、この状態においては牡牛のポーズは固く、両足ともに難になっていた。

4月24日
60~70%ということで来院。座位によって胸鎖関節および僧帽筋マッサージなどを使い、頭の痛みが10%ほどになる。牡牛のポーズも可能となる。胸鎖関節マッサージによって大胸筋をゆるませる効果が出たためなのか。

5月8日
50%で来院。このため、通常は5~6分で終る頭部マッサージを20分ほど行う。60~70%

5月15日
60%で来院。体の緊張が見られるので座位のマッサージを減らし、うつ伏せでのマッサージを十分施す。そのため頭がすっきりされたということで、帰られる。

5月29日
睡眠不足が多いということで、座位における首の牽引を施す。さらにその状態で体をねじり、胸鎖乳突筋ストレッチを開始する。

6月5日
睡眠不足は相変わらず、胃が落ちている感覚も出る。下半身の運動強化のために足踏み運動を実施する。

6月19日
今回はまあまあの調子、40%。背中を中心にマッサージを組み立てる。伏臥位マッサージを多めにする。

6月26日
いつもは50分マッサージ後に20分マッサージをしたが、今回は最初に20分マッサージ、夕方50分マッサージを施す。やはり胃の落ちた感覚がある。

7月3日
顎にある顎二腹筋、下顎下縁に沿ってマッサージを施すと、右の下顎内円、顎二腹筋にボコボコとした穴が見つかる。それを話すと、抜歯後放置していたという話を聞く。つまり、右奥歯がない状態をいまだに維持している。歯が抜けた状態で維持されているため首、肩がひじょうに凝りやすいということが分かる。そのため舌骨筋マッサージをほどこした結果、非常に体が緩んだという報告を受ける。

7月10日
前回の舌骨筋及び顎二腹筋マッサージが効果を出したようで、楽な状態で見える。うつ伏せでのマッサージを増やす。

7月17日
60%という状態。広僧筋マッサージで腕・背中を伸ばし、座位での腹圧のかけ方を指導する。背中の重さが強い状態で見える。雄牛のポーズで左後手は可能となったが、右左後手は依然むずかしい。

8月7日
うつ伏せでのマッサージを多めにする。夕方からのマッサージは座位で牡牛のポーズを中心に施す。そのため両腕がともに可となる。

8月20日
50~60%で来院。不具合において首の後部のオイルマッサージを開始する。20分治療は座位中心。

9月11日
脊柱起立筋マッサージによって体が非常に楽になり、按腹法も効果を出す。そのため治療も上向き、座位、うつ伏せというように、20分治療をうつ伏せにあてるようにする。

9月25日
40~50%で来院。睡眠が取れるようになってきた。椅子に座って後頭部から頭頂部にかけてのマッサージ、うつ伏せでの全体マッサージ。

10月6日
70~80%と、また悪化する。胃が落ち込む感覚がまた出てくる。夕方の20分治療のときに左腰から仙骨にかけて固さがあり、そこをマッサージすることによって右後手が楽になる。

10月16日
また60%で来院。左右ともに牡牛のポーズができなくなる。喉のマッサージで首は楽になったが、依然調子が悪い。

10月23日
調子は良好。側頭部、顔面の凝りが非常に多かった。うつ伏せでのマッサージで楽になる。夕方の20分治療のときは非常に良好な状態で見える。

11月6日
60%で来院。座った状態でのマッサージを多目にする。その結果、首、肩が楽になる。

11月20日
前回のマッサージで初めて頭がまったく痛くなく、奥の痛みもないことを眠るときに感じられた。顔面マッサージ、頭部マッサージを多く施す。

11月27日
11月6日の治療で20日まで非常に楽であったが、20日のマッサージで全く消えたものも治療後、10%くらいの状態でいた。だんだん日がたつにつれ、本日来院されたときは50%に戻っていた。前前回の脊柱起立筋マッサージが効果を出したと思われたので今回は脊柱起立筋マッサージを中心に施す。

12月4日
前回も10%くらい残ってしまった。脊柱起立筋をほぐす。

12月18日
睡眠不足のため伏臥位マッサージを多くほどこす。2回目に座位マッサージ。翌年1月8日。50~60%で来院。前鋸筋マッサージを再開する。座位捻転、片腕のばしで腰部マッサージ、牡牛のポーズでようやく右後手が可能となる。

1月22日
前回のマッサージが効果を出したようで、やはり座位捻転、片腕のばしで牡牛のポーズを可能とする。肩関節外旋運動法を開始する。

4月18日
非常に間があいた。その間、楽になっていたそうである。雄牛のポーズ、左後指がつくが、右後ではやはり離れていた。左振り向き姿勢による右側腰筋の凝りを確認する。

4月25日
10%くらいで来院。非常に効果が出ており、楽になっている。牡牛のポーズの右後手は全くつかなくなってしまったが、頭の調子はよさそうである。

6月16日
30%ほどで来院。ご本人の報告を受けるとほとんど頭痛が気にならなくなり、ひどくもならなくなる。全体に良好という報告を受ける。

12月7日
おかげさまで頭痛は全くなくなったと報告を受ける。首、肩の凝り程度で頭痛は改善されたということもあり、今日で終了する。それ以降の痛みは確認されていない。


頭痛の原因・症状・治療法・実績 ガイド


参考文献

テンプレート療法・Quadrant Theoremを基本として 前原 潔著 “TMD ” Jeffrey Okeson 著 医歯薬出版株式会社 南江堂  ネッター解剖学アトラス Frank H.Netter,M.D 分光堂  解剖学アトラス からだのソムリエ 本の泉社  斎藤匡寿著