顎関節症の原因・症状(新しい整体院)

 山口県山口市大内の整体・マッサージ 新しい整体院の顎関節症の整体・マッサージの施術についてご説明いたします。

顎関節症は何故、新しい整体院のマッサージ・整体で改善できるのでしょうか。

 顎関節症とは病名ではなくあごの痛み・クリック音・開口障害などの症状がある場合に総称として「顎関節症」と医師から診断されます。
 この三つの症状の中でマッサージを必要としない症状はあるでしょうか?答えは「NO」です。その理由は三つ共に筋肉面に問題があるからです。

あごの痛みは関節痛ですか?筋肉痛ですか?

 多くの医師による診断は筋肉痛であっても関節に問題がある痛みという診断を受けてしまいます。
 最近も「顎関節に問題がある」と歯科医院で診断され、1年間マウスピースでの治療を受けたが良くならず、大学病院を紹介してもらって受診したら「顎関節には問題がなく筋肉面に問題があるようだ」と診断された女性が来院されました。

 あごに痛みが起こったら検査が必要です。出来るだけMRI診断を勧めます。関節の異常が診断されやすいからです。

新しい整体院(山口県山口市)の顎関節症ケース

顎関節痛 ケース1(新しい整体院)

 顎関節痛と医師から診断された方が来院されました。
 「顎関節に問題がある」と口腔外科で診断され、マウスピースによる治療を受けています。
 しかし最近では「食事をする時に痛みと音がひどくなってきた」という訴えを起こしています。
 そこで痛みの部位を明らかにするために、指で痛みを感じている部位を調べてみると、顎関節ではなく下図の○印の箇所なのです。

 ここの箇所は下右図で確認できるように、側頭筋が付く部位なのです。
 ですから関節障害ではなく筋肉痛だったのです。
 ですから側頭筋の硬結を側頭筋マッサージによって緩め、身体のバランスを調整し、噛みしめを起こさない生活養生法(=上向きでの寝位・咀嚼筋ストレッチ等の体操法)を指導することで、短期間で症状が改善されました。

顎関節症 頭蓋骨1

顎関節症 顎図2

顎関節痛 ケース2(新しい整体院)

顎関節に痛みがある女性が来院されました。「レントゲンには写っていないが顎関節に問題があるのでしょう?」と医療機関で診断を受けた方です。そこで痛みが出やすい時間帯を教えてもらうと、仕事をしている時に感じるようです。また仕事の内容を聞くと、「電話やミーティングで喋ることが多い」という事が分かりました。顎関節の異常であれば「食事の時」という報告になります。

早速、開口をしてもらうと下アゴが大きく右にズレます。上の右図で下顎頭についている黒い部分は外側翼突筋が付く部位で、開口にも下アゴを左右に動かすことに関係する筋肉です。そして首の位置にも影響される筋肉なのです。例えば首を思いっきり左右どちらかに回して、後ろの景色が見えるくらいに首だけ後ろに振り向いて下さい。その位置で開口すると、口が開け難くなっていませんか?
また首を左右どちらかに傾けて頬で電話器を挟んで喋ったりはしませんか。ホワイトボードを使ってプレゼンテーションをする時に、同じ方向に顔や身体を捻じって話してはいませんか?

身体のバランスが崩れると下顎の動きが正しくなくなるのです。口も5cm近く開き、クリック音もしない、画像診断においても関節面に異常が発見されない、しかし顎関節に痛みがある。ー このような症状は身体のバランスを調整し、下顎骨の動きと関係ある筋肉を緩め、正しく開口することを妨げる姿勢を見つけ指導すると改善されるケースが多いのです。この方の症状もこのようにして改善されたのです。この解消される仕組みは後半に詳しく説明します。

クリック音が出るともう治らないの?

口を開ける動きは大変複雑です。下の図は右から、口を閉じている → 半開き → 最大開口、を表しています。どうですか?下アゴが前方に移動しているのが確認できるでしょうか?
股関節や肩関節などの関節と違って、関節から外れるような動きをするのです。そして下アゴの上には青色した関節円板が付いています。この関節円板は骨と骨とがこすれ合わないようにするクッションの役目をしています。しかしこの関節円板が変化するとクリック音が出るのです。

最大開口

顎関節 最大開口 顎関節症

半開き

顎関節半開き 顎関節症

口を閉じている

顎関節口を閉じている 顎関節症


顎関節症の原因・症状・治療法・実績 ガイド


参考文献

テンプレート療法・Quadrant Theoremを基本として 前原 潔著 “TMD ” Jeffrey Okeson 著 医歯薬出版株式会社 南江堂 ネッター解剖学アトラス Frank H.Netter,M.D 分光堂 解剖学アトラス
からだのソムリエ 本の泉社 斎藤匡寿著