線維筋痛症

 最近テレビでも線維筋痛症の怖さが報道されています。
 痛みの原因が無いのに、脳には痛みを感じている時に起こる回路があらわれるのです。

 痛みの研究が進むにつれ「痛みの程度は組織の損傷の程度とは必ずしも一致しない」ということが明らかになってきました。痛みの程度は損傷に対して患者側が受け取る恐れや「どの程度気になるか」といった要素により痛みの強さが変化するからです。

 また痛みが増幅される原因として、不安・恐怖・絶望感・抑うつなどが上げられます。
 これらの心理的要因を減少させることが痛みの緩和につながります。
 次に初めは痛みが局所的であったのが、全身にまで及んでくることがあります。
 例えば指に棘(とげ)が刺さる。すると2~3時間後には棘が刺さった周囲の組織にまで痛みが広がってきます。特に深部組織に損傷が起こると、小範囲であった痛みが全身症状に変化することがあります。

“コリ”から生じた大きな痛み

 私は上記の他に“コリ”が関与しているという見解を持っています。

 “コリ”は筋線維のミクロ的損傷です。損傷は痛みをつくります。

 これから説明します背部の筋肉は何層にも分かれています。深部に“コリ”が生じたまま長年放置すると警告信号として痛みに変わります。そして小範囲であった痛みは全身症状へと変化するのです。この生理学的な仕組みこそが線維筋痛症を解く鍵なのです。

 また“コリ”によって神経や血管を圧迫している場合には科学機器によって見つけることができますが「コリが警告信号を脳に送っている」という見解は今の医学界では考えようともされていません。
 しかし線維筋痛症と診断された人に対してマッサージをすると痛みが和らぐのです。

 MRI・CTスキャナーでも診断できない深部組織にある“コリ”が脳に痛みを引き起こしているのではないでしょうか?

 身体のあらゆる場所にある感覚器系で得られた情報が脳に送られます。この時、不要な感覚入力が脳で痛みとして感じないようにする、下行抑制系という仕組みが存在しています。
 このような仕組みに支障がきたすと、睡眠もとれなくなり、明らかな原因なしに相当な痛みを感じてしまうのです。この下行抑制系の神経伝達物質にセロトニンが関与していることが解明されてきました。
 このセロトニンが不足する原因として、「昼夜逆転していて朝に太陽を浴びない生活、あまり歩かない生活、咀しゃく(噛む)回数の少ない食生活」が上げられます。そしてこのような生活状態を考えると“コリ”が出来やすい生活パターンであることも推察されます。

線維筋痛症マッサージは背中の深部マッサージ

 頸肩腕症候群も斎藤治療院では全身マッサージによる整体によって改善させてきました。

 今回の通院記録では難聴・顎関節症が併発されていましたので、顎関節調整も必要でした。
 また記録では上半身の施術方法が詳しく載せてありますが、股関節調整によって座位姿勢を改善したことも頸肩腕症候群の症状が緩和できた大きな理由の一つとなっています。

 下記が通院記録です。

線維筋痛症マッサージは背中の深部マッサージ

線維筋痛症マッサージは背中の深部マッサージ2

線維筋痛症マッサージを可能とする上向きでのマッサージ法

線維筋痛症マッサージを可能とする上向きでのマッサージ法

 左の写真は斎藤治療院のオリジナルマッサージの一つで、上向きで背中をマッサージします。写真⑥の上段右のように上向き姿勢では肩甲骨が内側に移動する姿勢のため、背骨に触り易くなります。
 しかし通常の下向きでの姿勢になりますと、写真⑥の上段左のように肩甲骨が外側に移動しますので、背骨を触り難くしてしまいます。
 図⑤のように深部の筋肉は背骨周辺に位置しています。そのため上向き姿勢でないと深部マッサージは不可能なのです。

 線維筋痛症マッサージでは表面の筋肉を緩めながら段々と深部の筋肉にアプローチしていきます。背骨周辺の筋肉は線維筋痛症を発症している場合、特長ある硬さがあります。

 硬結と呼ばれるように、糸を結んで玉にしたかのように硬い感覚があります。

 線維筋痛症マッサージで深部の筋肉を20%くらい緩ませても大変楽になってもらえます。
 今まで誰も施術したことがない深部の筋肉を緩めるので効果は想像以上にでます。

線維筋痛症の治療体系

 線維筋痛症を発症された方に病状の経緯を聞くと、放射線治療や抗がん剤治療などによって全身の痛みへと変化した例と、部位の痛みから全身の痛みに変化した例に大きく分けられます。

 線維筋痛症という病名は同じであっても原因は様々です。全身の痛みがある訳ですから全身を施術する必要性があります。また痛みを我慢する際に噛みしめが起こっていますので、側頭筋がかなり硬い方が多く顎関節及び周囲の筋肉並びに表情筋の知識が必要となります。

 また表層の筋肉が柔らかい場合も多くみられるので、その部位を見落としてしまいがちです。しかし深部は硬くなっている状態も多いので、深部マッサージ=線維筋痛症マッサージが必要となります。

線維筋痛症の説明 身体のバランスチェック=デジタル撮影 側頭筋マッサージ 繊維筋痛症マッサージ
股関節調整 座位での施術 首の可動域調整 肩関節調整
背筋整体 開口調整 養生法指導 体操法指導

線維筋痛症の原因・症状・治療法・実績 ガイド