顔面神経麻痺

顔面神経麻痺を引き起こす原因とは?

 顔面神経麻痺とは顔面神経の支配をうけている表情筋の麻痺を意味します。ヘルペスウイルスによっての麻痺、パソコン業務の激務から生じた麻痺、海外出張が多く時差による睡眠不足やストレスから生じた麻痺など、少しづつ原因が異なってきます。表情筋は脳の運動領の中でも多くの領域を占めています。そして表情筋は笑う・泣く・怒るなどの感情を表す時に使う筋肉なので脳の心の領域とも直結しているためにストレスと大変関係深い筋肉なのです。その為に顔面神経麻痺の原因としてストレスが一番に考えられます。

開口と表情筋・咀嚼筋の関係

 顔面神経麻痺を発症すると口唇が片方に引っ張られる状態を引き起こす事が多く見られます。真っ直ぐに口を開けようとしても開けられなくなり、口唇が曲りズレてしまいます。この状態が長く続くと下顎骨までも正しく動かなくなってしまい、下顎骨を動かしている咀嚼筋がダメージを受けるようになります。

 上の絵は本人の左顔面神経麻痺になった状態を示しています。多くの方が顔面の右半分が異常だと思われる方が多いのですが、麻痺ですのでシワが無い左顔面に問題があります。

 右半分は正常で左が麻痺しているために、均等の張力ではなくなり右に引っ張られてしまった結果なのです。やじろ兵衛を思い出して下さい。左右均等の重りでバランスが保たれている状態から右の重りを重くしたようなものです。

 右記のやじろ兵衛を参考にして想像してください。仮に左の重りを10kgから5kgに軽くすると右に傾きます。
 左が顔面神経麻痺になるということは左側の筋肉の収縮が無くなるので、やじろ兵衛の左の重りが軽くなったことを意味するのです。

開口で使われる表情筋

 下記の図は左が表情筋を示し、右の図は咀嚼筋を示しています。特に左の表情筋に注目して頂くと口唇の周囲に多数の筋肉が集まっていること、そして口唇の動きと関係していることが確認できると思います。
 このように開口時における口唇のズレを修正することで表情筋のリハビリになるのではないか!と考えたのです。

正しい開口が顔面神経麻痺のリハビリになる

顔面神経麻痺になりますと顔面神経が支配する表情筋が動き難くなります。通常麻痺を起している筋肉に対してリハビリする場合は動かない筋肉を他者が動かして改善していきます。私は動かない表情筋のリハビリとして、表情筋の動きと関連している咀嚼筋に注目しました。

具体的に説明しますと、正しく開口するというトレーニングによって麻痺している表情筋に刺激を与える方法を考案したのです。開口は三叉神経の支配を受ける咀嚼筋が主体として動きます。そして三叉神経の支配を受けているということは動く筋肉である事を意味します。ですから咀嚼筋の動きを使って開口時に関連している表情筋に影響・刺激を与えるのです。「顔面神経麻痺による表情筋を咀嚼筋によって動かす」という考え方です。

整形外科と口腔外科の診療範囲

 このように説明すると多くの方が納得されますが、医療関係者の方で斎藤治療院の考えた開口調整を顔面神経麻痺の改善に使われている先生方はいらっしゃいません。その理由は表情筋を含め顔面神経関係の問題を扱う医院は整形外科となります。しかし咀嚼筋の問題は口腔外科となります。ですから顔面神経麻痺で治療を受けようとすると整形外科に行きます。しかし顎関節症を併発していても表情筋が対象となっているので咀嚼筋にまでは診療範囲が届かないのです。その逆に顎関節症で口腔外科を訪れても表情筋の問題は範囲外なので、顔面神経麻痺を理解して頂ける歯科医師の方が少ないのです。

顔面マッサージの方法

 私の新人時代、1980年頃にエステティックの学校に通ったことがあります。超一流のエステシャンによる顔面マッサージは素晴らしく首や肩の筋肉までもが緩んだ体験を今でも覚えています。エステの顔面マッサージはクリームを使用した施術でした。その刺激は柔らかく気持ち良い刺激でしたが、今まで受けた様々なマッサージなどの手技療法よりも効果がありました。私はクリームやオイルを使用せずに顔面マッサージで効果を上げる方法を考え始めました。解剖書を使って表情筋を再度勉強しなおしたのですが、顔面部の筋肉マッサージは難しく一度はあきらめました。しかし噛み合わせ理論を知り、側頭筋マッサージを考案した頃に再度顔面マッサージの手技を構築しようと考えたのです。

 咀嚼筋のマッサージもそうなのですが表情筋マッサージは更に弱い刺激でないと効果が出ないことに気が付いたのです。その為に指先の感覚を敏感にして、筋肉の“コリ”を巧みに感知し弱圧での顔面マッサージで効果をだすことに成功したのです。しかし正しい開口を続けると、弱い刺激でないと受け付けなかった表情筋も、強い圧でも受け付けるようになります。

 マッサージは他力運動法と呼ばれることがあります。「他の力によって運動をさせてもらっている」という意味です。通常の運動は自力運動法と呼びます。「自分の力で運動している」という意味です。筋肉の改善にはマッサージだけでも運動法だけでも効果を最大にすることは難しいものです。マッサージに自力運動法を加味することで筋肉は別の表情を見せるのです。

顔面神経麻痺の治療法

 新しい整体院では顎関節症の治療で培った技術とエステティック時代のオイルマッサージを筋肉マッサージに変えて顔面神経麻痺の改善をしています。咀嚼筋も表情筋もストレスと大変関係があります。Topページや斎藤治療院の特長でも紹介しましたようにストレスと“コリ”は大変関係が深く、マッサージ整体によって全身の調整から“コリ”を改善する方法を取っています。そのため顔面神経麻痺の施術法も顎関節症と同じく全身調整から部位マッサージを施しています。

 この方法により潜在的な筋肉の緊張が緩みますので自力の修復作用が高まります。当初は顔面マッサージのみの施術をしておりましたが、現在は顔面マッサージのみでの改善はしておりません。その方がはるかに効率よく顔面神経麻痺の症状を改善できるからです。下記には過去の記録と最近の記録を公表しています。

参考リンク

関節症

Q&A

その他の症状実績


顔面神経麻痺の原因・症状・治療法・実績 ガイド


参考文献

テンプレート療法・Quadrant Theoremを基本として 前原 潔著 “TMD ” Jeffrey Okeson 著 医歯薬出版株式会社 南江堂 ネッター解剖学アトラス Frank H.Netter,M.D 分光堂 解剖学アトラス
からだのソムリエ 本の泉社 斎藤匡寿著