顎関節症の治療体系

  • HOME
  • 顎関節症の治療体系

<section”>

顎関節症の治療体系(新しい整体院)

顎関節症の治療体系(新しい整体院)

 新しい整体院での顎関節症の施術法の特長は下記に示したように身体全体の調整から行うことです。顎関節症は決してあごだけを診ても改善には至らないことが多く、その理由としてクォードラント理論で説明されているように「開口は頚椎1番2番の間にある環軸関節を中心として開く」という基礎理論を考えなくてはいけません。

 そして環軸関節とは首を廻す時に必要な関節で、日常生活の悪い姿勢が環軸関節に負担を掛ける場合が多くあるのです。また頭蓋骨と接している首の骨は頚椎1番です。その接地面積は親指位の大きさです。

 身体のひずみも顎関節症に大きな影響を与えているからです。また身体のひずみを起こす原因の一つとして日常生活の悪習慣も考えられます。これらの施術体系を使って効果を上げた実績を短期間で改善された例と長期間かかった例も掲載しています。

顎関節の仕組みの説明 開口検査=映像化 側頭筋マッサージ 広僧筋マッサージ
股関節調整 座位での施術 首の可動域調整 肩関節調整
背筋整体 開口調整 養生法指導 体操法指導

沖縄県那覇市 新しい整体院でのマッサージによる整体法はオリジナルです。③~⑤はSRMに写真を使って説明しています。

整体・マッサージの種類と方法

 

</section”>


参考文献

日本人体解剖学 南山堂 金子丑之助 著 動きの解剖学 Blandine calais-germain 著 仲井 光二 訳者 科学新聞社 ネッタ―解剖学アトラス Frank.H.Netter 著 南江堂 解剖学アトラス Wener Platzer 著 長島聖司訳 文光堂 ボディ・ナビゲーション Andrew Biel 著 医道の日本社 からだのソムリエ 斎藤匡寿 著 本の泉社

その他参考文献はこちら